腱板断裂と診断された肩の痛みが改善!写真付

こんにちは。
岸和田市の小波津整骨院です。

今回は、右肩の腱板断裂と診断され、

来院された方の症状をご紹介します。

Dさんは、3週間前にテニスのプレー中に

右肩を痛めてしまいました。

MRI検査の結果
「右肩の腱板断裂」

という診断で、手術を勧められ

12月に手術が予定されていました


腱板とは、棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋という4つの筋肉によって構成されています。
肩関節を安定させる働きがあり、肩関節を動かすためにとても重要な役割の筋肉です。

                                                 


手術までに期間があるので、それまでに何か別の方法で良くならないかと当院にご相談がありました。


当院には今までにも、腱板断裂で手術しかないと言われ、手術をせずに改善された方は沢山おられますので、改善する可能性は十分ありますとお伝えし、納得して頂いたうえで施術を開始しました。

元阪神タイガースの金本知憲選手も、

棘上筋完全断裂と診断され、全くと肩が動きませんでしたが、当院の施術で復帰されています。


-------------------------------------------------------------------------------------------------
こちらの写真が来院された施術前の状態です。

肩を挙げる動きで強い痛みがあり日常生活にも支障がでていました。


そして、こちらの写真が施術後の状態です!




左右変わらないぐらいに、腕が挙がっていますよね。


腱板の修復術をしないと挙がらない
と言われていた右肩が
施術でここまで正常に挙げる事ができ、
回復までには時間がかかるだろうと
思われていたDさんは短期間での変化に大変驚かれ喜んで頂きました。

現在も2回、3回と施術に来て頂いてますが、
いい状態が続いており毎回喜びの声を頂いております。



腱板断裂の症状以外にも
「手術するしかない」
診断されていた方が当院の施術を受けて改善され良くなった。
という症例はこれまでにもたくさんあります。


電話でのご相談等も受け付けておりますので
こんな症状はどうだろう・・?等気になることがあれば
お気軽にお電話ください。


Dさん、ご協力頂きありがとうございました。








にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村  ⇐ランキングに参加しております。もしよろしければクリックしてください。







■  [PR]

# by kohatsuseikotsuin | 2014-10-02 10:45 | 肩の痛み(3) | Trackback

10年以上悩まされていた原因不明の腰痛が改善!!

こんにちは。
岸和田市の小波津整骨院です。

今回は、10年以上原因不明の腰痛に
悩まされていた方の症例です。

「貝塚市在住 26歳男性 消防士 E・Tさん」

Tさんは、小学6年生の時に原因不明の腰痛になりました。

当時は野球をしており、
病院や整骨院で頑張って治療を続けていたのですが、どこへ行っても改善せず、
高校を卒業してあまり運動をしなくなって少しましになることはありましたが、
痛みが10数年続いていたそうです。


そんな中、今年の3月の消防訓練中に腰の症状がさらに悪化してしまい、
7月末まで訓練が続く為、なんとかしてほしいという事で同僚の方に当院の事を
お聞きになり来院されました。



来院時は、身体を前に倒したり、後ろに反らす動きで痛みがあり
身体をスムーズに動かす事ができていませんでした。

しかも、痛み止めを服用して訓練をされていましたので、症状以上に状態は良くありませんでした。




1回の施術で少し違和感は残りましたが、痛みはほとんど改善され
可動域が広がり、身体を前に倒したり、後ろに反らす事が、楽にスムーズな動きでできる様になりました。

5回程、間をつめて施術を受けてもらい
その後は1週間、3週間と徐々に施術期間を空けていき
訓練をしながら腰の状態がどうなっていくのか
経過を見ながら施術していきました。

少し痛みが戻ることもありましたが
以前よりも楽に訓練を行う事ができ
6回目の施術以降は全く痛みがなくなりました。
その後も、期間を空けて施術を施し
計8回で終了しました。


長年ストレスとなり、悩まされていた腰痛が

改善されこの施術結果には大変喜んで頂きました。


今回のTさんの症状は、

小学生の頃に原因不明の腰痛が発症し

その強い症状が、10年続いているという点から

何か腰以外にも原因が隠れている可能性がある

という事も大いに考えられます。

しっかりとした問診と経過観察が必要となってきます。


そしてTさんは、仕事で訓練をしなければならず、

訓練を続けながら症状の改善をしたいという事でしたので、

もしかしたら改善までに時間がかかるかもしれない

という事をお伝えし 施術を開始しました。



今回 早期の改善がみられましたが、

これはTさんがこちらの指示通り

きちんと通院をしてくださった結果です。

諦めかけていた症状でも、しっかり施術を

すれば改善できます(^^)




腰痛の症状だけに限らず、今回の症例のように
数年間、数十年間
慢性的に痛みが続いている症状でも
根本的な原因を改善していく事によって
痛みが無くなるという可能性は十分にあります。


(慢性の痛みについての解説はこちら↓)


当院には、
どこへ行っても改善されない・良くならない
という方々が
小さいお子さんからご高齢の方まで多数来院されており
たくさんの喜びの声を頂いています。


「何年も痛みが続いてるから治らないんじゃないか・・・」

「治療してもすぐ悪くなる・・・」

「痛みとうまく付き合っていくしかない」

等でお悩みの方、半ば諦めかけている方

是非、当院に一度ご相談ください。







にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村  ⇐ランキングに参加しております。もしよろしければクリックしてください。





■  [PR]

# by kohatsuseikotsuin | 2014-09-22 17:53 | 腰の痛み(5) | Trackback

曲がらなかった肘の痛みが改善!!写真付 (野球肘)

こんにちは。
岸和田市の小波津整骨院です。

今回は、右肘の痛みで肘が曲がらなくなった(野球肘)高校2生野球部の方の症例をご紹介します。

T君は、高校1年生の夏から右肘に痛みがあり
整骨院に週2,3回治療に通いながら、サポーターをして練習を続けていました。

そんな中、来院される1週間前の守備練習中に、ショートのポジションから
送球した際に肘の強い痛みが出現し状態が悪化してしまいました。

新チームがスタートし秋季大会が近かった為、
朝、昼、夜の3回に分けて痛み止めを1錠ずつ服用して1週間痛みを我慢しながら
練習を続けていましたが、

肘の状態はどんどん悪くなっていき
肘を曲げる事ができなくなりました。

こちらが来院された時の状態です。

全然曲がっていないですよね。痛々しいですね。

この状態で投げていたらしいので、そうとう我慢していたと思います。


これ以上曲げれないので

ご飯を食べるのもままならない状態で、

しかもこれは痛み止めが効いていてこの可動域ですので、

本来は画像よりもかなり悪い状態です。


これが施術後の状態です。

一回の施術で肘を曲げる事は可能になりました。

本人もお母さんもこの施術結果に大変ビックリされていました。

ですが、この状態は痛み止めを1日3回服用していて、

まだ痛み止めの効果が残っています。


ですから、薬の効果が切れたら痛みが出るよと伝え、

次の日の状態がこちらです↓


最初より曲がってないですよね。

それだけ痛み止めが効いてたということですね。

しかも施術した後でこの状態ですから、施術をしなかったらもっと可動域制限も痛みも

出ていたでしょう。


そしてこれがこの日の施術後の状態です。

昨日の施術後より曲げやすそうなのが分かりますよね。

痛みも殆ど出ていません。

施術前は昨日より悪くなっていましたが、

施術後は昨日の施術後よりも良くなっています。



そして、こちらが3回目に来院された時の状態です。

今回は可動域が戻ることなく来院された時点で痛みなく曲げれる状態を保てていました。

今回、お分かり頂けるように痛み止めという薬は名前の通り
痛みを止める為の薬であって
決して痛みを治すというものではありません。

これ以上動かしたら危ない!!
と体が出している防御反応を薬によって分からなくする事により
本来であれば痛くてできない動きができるようになります。

そうすると中の状態はどんどん悪化してしまい悪循環になってしまうという
リスクが隠れているのです。

T君の肘の状態も、あのまま痛み止めを飲み続けていたら
もっと悪い状態になっていたかもしれませんね。

T君、ご協力頂いてありがとうございました。



最後までお付き合い頂きありがとうございました!












にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村  ⇐ランキングに参加しております。もしよろしければクリックしてください。


■  [PR]

# by kohatsuseikotsuin | 2014-09-17 09:56 | 肘の痛み(9) | Trackback

1年ぶりのNY



院長の小波津です。
1年ぶりにNYへ行ってきました。

松井氏とは年に数回お会いしていましたが
ロヘリオ氏とは松井氏が現役を引退して以来の
久々の再会でした。
ロヘリオ氏は松井氏の通訳を務め、松井氏に
とって必要不可欠な存在の方です。

いくら時間があっても足りないくらいに
話は弾みましたが、やはり一番の盛り上がりは
2009年ワールドシリーズ優勝の際に
松井氏がMVPを獲った話題でした。

今振り返ってみても、日本人野手として
ワールドシリーズ優勝に貢献しMVPを獲るという
素晴らしい偉業を達成されたことに
とても興奮し、胸が震えます。

その瞬間に一緒に仕事をさせていただけたことは
私にとってこの上ない幸せです。

幸せといえば、本日は私の開院記念日です。
まる21年、本日から22年目を迎えました。
ここまで続けてこられたのも、皆様からのご支援
のおかげと深く感謝致します。

これからも現状に満足することなく、さらに上の
技術を提供できるよう努力してまいりますので
なにとぞご指導ご鞭撻賜りますよう宜しくお願い
申し上げます。






にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村  ⇐ランキングに参加しております。もしよろしければクリックしてください。

■  [PR]

# by kohatsuseikotsuin | 2014-09-09 10:31 | プロ野球選手関連(5) | Trackback

半年間あった肩の痛みがたったの5分で改善!!写真付

こんにちは。
岸和田市の小波津整骨院です。

いつもブログを読んでいただいて、ありがとうございます。



今、インターネットでいろんな情報がすぐに入手できます。

治療院を探そうと思ったら、パソコン、スマートホンですぐ
に探せますよね。

ただ、すぐに調べる事ができても、

そこからどの治療院に行けばいいのか?

自分の症状は本当に改善できるのか?

という事は、実際施術を受けてみなければわかりません。
これだけ情報があれば迷いますよね。苦笑

当院のブログはそんな方たちのご要望もあり、患者様の声を掲載させて頂いておりますが、

今回から、

より明確に、

分かりやすく

実際の変化を目で見てもらおうと、

施術前と施術後の写真も掲載していく事にしました!!

もちろんご本人の了解を得ております。

=====================

今回は、左肩の痛みで
来院された方の症例をご紹介します。
 


kさんは、半年前から左肩が痛みだしました。
徐々に鋭い強い痛みが出るようになり
2、3ヶ月前からさらに状態が悪化し
左肩関節の運動障害も起きていました。

こちらが、実際に来られた時の状態です。

痛みがあり、横から肩を挙げるのはここまでで限界です。


前からも、何とか90度を超えるのが限界で
これ以上挙げる事は出来ませんでした。


そして、これが施術後の状態です。



施術前と後では、明らかに肩の挙がり方が違うのがわかりますよね。

これは5分ぐらいの施術結果です。

たった5分ですごく肩が楽になったので、kさんも大変驚かれていました。

筋機能を正常に戻してあげる施術をすれば、半年間抱えていた症状でも改善することは可能です。


これから、写真や動画等で実際の症状の変化を見ていただいて、施術結果が
より分かりやすいようにしていきたいと思っています。(^O^)

Kさんご協力ありがとうございました!!



最後まで、お付き合いいただき有難うございました!






にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村  ⇐ランキングに参加しております。もしよろしければクリックしてください。





■  [PR]

# by kohatsuseikotsuin | 2014-09-02 10:52 | 肩の痛み(3) | Trackback
< 前のページ 次のページ >
line

患者さんの声など様々な情報


by kohatsuseikotsuin
line
XML | ATOM

skin by excite